landlogとは – ドコモ、コマツらの新プラットフォーム「LANDLOG」は建設業 …

landlogは様々なiot機器を接続し、建設生産プロセス全体のあらゆるデータ収集する環境の構築と、蓄積されたデータをaiによる高度な分析を行い組み合わせ、意味のある「コト化」データとしてapiを通じて提供するオープンプラットフォーム

landlogは様々なiot機器を接続し、建設生産プロセス全体のあらゆるデータ収集する環

Jul 19, 2017 · コマツの「ニュースリリース(建設生産プロセス全体をつなぐ新プラットフォーム「landlog」の共同企画・運用を決定

ここでは5gとlandlogが、労働力不足が深刻な問題となっている建設業界に起こす改革を以下の内容でお話します。 ①landlogとは? ②株式会社ランドログの概要 ③2020年5g導入、建設業界が取り組む大改革 landlogとは?

建設現場の様々な情報をクラウドへ集約、現場のオペレーションを最適化株式会社ランドログと日本マイクロソフト株式会社は、ランドログの建設現場におけるオープンIoTプラットフォーム「LANDLOG」にパブリッククラウドプラットフォームMicrosoft Azureを採用し、建設生産プロセスに関する様々

新プラットフォーム「ランドログ」の狙い コマツのiotの取り組みを長年支えてきたnttドコモ、sap、オプティムは、上記課題と社会的ニーズに共通の認識を持ったため、建設生産プロセス全体のiotの基盤となる新プラットフォームの企画・運用を4社共同で行うこととしました。

ランドログが建設iot基盤「landlog」の先行ユーザー向けパートナー説明会を開催した。初年度の年会費は10万円で、iotプラットフォームの利用料と

landlogは、10月に4社が設立予定のジョイントベンチャーが主体となって運営することから、サービス開始はジョイントベンチャーの設立後となる

「landlog」は、計画、設計、施工、維持管理といった各種プロセスを横断的に、そしてコマツの建機以外、例えばダンプトラック等の“工事現場に

株式会社ランドログのプレスリリース(2018年3月1日 13時00分)建設業界の変革を加速するオープンiotプラットフォーム[landlog]アプリケーション

landlog概要. landlogは、調査・測量・設計・施行・メンテナンスといった建設プロセス全般のデータ収集、それらデータを理解可能な形式に加工し提供を行うオープンなiotプラットフォームです。

出典:landlog landlogとlandlog partnerとは? まずもう一度landlogのサービスに関してのご紹介ですが、これは建設業界を最適化すべく、現場に関わるあらゆるモノのデータをiotデバイス等で収集し、landlogのプラットフォームに集約。

また、建設現場iotソリューションは建設(土木)を中心としたオープンプラットフォームである「landlog」上に構築され、必要な情報を相互に連携することで、データの価値をさらに向上させることができる(図3)。 図3 建設業界向けソリューション

企業情報. optimは2000年の創業以来、ai・iot・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーとして、普遍的なテクノロジー・サービス・ビジネスモデルを創り出すことに取り組んでいます。

コマツ、sap、nttドコモ、オプティムの4社からなる合弁会社、株式会社ランドログは、建設生産プロセス全体をつなぐiotプラットフォーム「landlog(ランドログ)」を正式リリースするとともに、パートナー企業向けの新た

[PDF]

landlog 日本の建設業界が長年抱える「生産性向上」・「安全性向上」・「働き方改革」などの課題解決に 寄与することを目的としています。プラットフォームを活用し、多くのパートナー企業の皆様との

コマツ、SAP、NTTドコモ、オプティムの4社からなる合弁会社、株式会社ランドログは、建設生産プロセス全体をつなぐIoTプラットフォーム「LANDLOG(ランドログ)」を正式リリースするとともに、パートナー企業向けの新たなプログラム「LANDLOG Partner」の提供を開始すると発表した。

Nov 05, 2017 · 建設生産プロセスに関与する、土・機械・材料などのあらゆる「モノ」をつなぐ新プラットフォーム「landlog」のパートナーとして、コマツは sap

LANDLOGにおいては、建設現場全体をドローンや3Dスキャナ、建設機器に装着されたコマツ製のステレオカメラ「KomCamm」などを使って撮影し、3D

競合相手は使いたがらないかもしれないが、土木・建設会社がlandlogを使うことを前提に工事を進めるようになれば、競合もlandlogを無視できなく

landlogはコマツ色が強いと思われているかもしれないが、オープンにしていくので興味のある企業はぜひ参加してほしい」(ランドログ チーフ

hip :「landlog」による建設現場の効率化について、もう少し詳しく教えてください。 関川 :たとえば、建設現場の測量を2人1組のチームが人力で数日かけて行っていたとします。ここに「landlog」の専用ドローンを投入することで、同じ作業が20分ほどで終了

landlog自体は2017年10月のリリース予定だが、上記の4社はこれに合わせてジョイントベンチャー(jv)を設立して運営・開発に当たるという。

LANDLOGにおいては、建設現場全体をドローンや3Dスキャナ、建設機器に装着されたコマツ製のステレオカメラ「KomCamm」などを使って撮影し、3D

[PDF]

landlog 日本の建設業界が長年抱える「生産性向上」・「安全性向上」・「働き方改革」などの課題解決に 寄与することを目的としています。プラットフォームを活用し、多くのパートナー企業の皆様との

landlogとは. landlogは建設生産プロセスに特化した高度なソリューションです。 「landlog」は建設現場に関わるあらゆる情報を収集・コト化し、様々なapiを通じて世界中の多種多様なアプリケーション開発パートナーへ提供いたします。

コマツ、SAP、NTTドコモ、オプティムの4社からなる合弁会社、株式会社ランドログは、建設生産プロセス全体をつなぐIoTプラットフォーム「LANDLOG(ランドログ)」を正式リリースするとともに、パートナー企業向けの新たなプログラム「LANDLOG Partner」の提供を開始すると発表した。

競合相手は使いたがらないかもしれないが、土木・建設会社がlandlogを使うことを前提に工事を進めるようになれば、競合もlandlogを無視できなく

hip :「landlog」による建設現場の効率化について、もう少し詳しく教えてください。 関川 :たとえば、建設現場の測量を2人1組のチームが人力で数日かけて行っていたとします。ここに「landlog」の専用ドローンを投入することで、同じ作業が20分ほどで終了

建設生産プロセス全体をつなぐ新プラットフォーム「LANDLOG」の共同企画・運用を決定

しかし「landlog」では、日々変化する建設現場の地形や、建設機械の稼働状況、それらに対する天候の影響などのデータを正確に細かく収集することで、現場全体を俯瞰して「面」で見ることが可能となり

クリックして Bing でレビューする3:06

Nov 06, 2017 · 建設生産プロセスに関与する、土・機械・材料などのあらゆる「モノ」をつなぐ新プラットフォーム「landlog」のパートナーとして、コマツは sap

著者: SAPJAPAN

landlogはコマツ色が強いと思われているかもしれないが、オープンにしていくので興味のある企業はぜひ参加してほしい」(ランドログ チーフ

landlogでは、近いうちにアプリケーションプロバイダーを対象とした、顧客視点で新たなビジネスを創造していくコンソーシアムを立ち上げる。建設現場の課題を解決するエコシステムづくりが狙いだ。

株式会社ランドログと日本マイクロソフト株式会社は、ランドログの建設現場におけるオープンIoTプラットフォーム「LANDLOG」にパブリッククラウドプラットフォームMicrosoft Azureを採用し、建設生産プロセスに関する様々なデータを集積し、現場の効率化に活用できる形式で一元管理、提供を

コマツ、SAP、NTTドコモ、オプティムの4社からなる合弁会社、株式会社ランドログは、建設生産プロセス全体をつなぐIoTプラットフォーム「LANDLOG(ランドログ)」を正式リリースするとともに、パートナー企業向けの新たなプログラム「LANDLOG Partner」の提供を開始すると発表した。

コマツのスマートコンストラクションとlandlogについては、注目度が高いことから、すでに多くのメディアなどで紹介されているが、これらを

iot/aiに関する事例と最新ニュース、インタビュー、データ、知見など、企業のデジタルトランスフォーメーションに役立つ

建設生産プロセス全体をつなぐ新プラットフォーム「LANDLOG」の共同企画・運用を決定 . July 19, 2017 by SAP News. TOKYO

コマツでは、建設業界の大きな課題となっている労働力不足に対して、2015年2月から建設現場向けソリューション「スマートコンストラクション

hip :「landlog」は、現場の効率化以外にも有効なのでしょうか。 明石 :たとえば、損害保険業界。これまでは災害が起こってから現場に入り写真を撮影していましたが、先ほど紹介したドローンを使うことで、日々の変化を克明にデータ化できるようになり

日本マイクロソフトは都内で日本におけるデジタル変革への取り組みと現状について説明。建設IoT基盤「LANDLOG」にAzureが採用されたことを発表し

www.nttdocomo.co.jp

続けて、同氏は「オープンで未来の現場に寄与できるプラットフォームとしてlandlogを構築し、パートナーとともに運用していくことについて

オプティム、ランドログ、コマツ「平成30年7月豪雨」の災害支援として、 被災状況の把握を目的としたドローン測量を無償で実施 コマツの「EverydayDrone」とオプティムの「DRONE CONNECT」を活用

コマツ、nttドコモ、sapジャパン、オプティムの4社は、建設生産プロセス全体に関わるiotプラットフォーム「landlog(ランドログ)」を、建設事業

「LANDLOG Partner」の加入について. 2019年1月29日. 当社は、株式会社ランドログのIoTを用いて建設生産プロセスの変革を加速させるオープンプラットフォーム「LANDLOG」のパートナーに加入いた

landlog自体は2017年10月のリリース予定だが、上記の4社はこれに合わせてジョイントベンチャー(jv)を設立して運営・開発に当たるという。

landlog landlogは2017年10月から始まった、コマツとnttドコモ、sapジャパン、オプティムと合同で開発、運用している建設事業者向けクラウドサービスである 。施工の3次元データや、建設機械の情報を集約することができ、それにより様々な施工最適化システム

ランドログは、建設業界向けのオープンIoTプラットフォーム「LANDLOG」の提供基盤に日本マイクロソフトの「Microsoft Azure」を採用。ドローンで建設

landlogの特徴. では、landlogの特徴とはどんなものなのでしょうか。主にlandlogはそのプラットフォームで高精細な建設現場の3dデータの提供や、画像データの活用アプリケーション環境の提供を行なっています。具体的には以下のようなものがあります。

「landlogは、建設現場のモノから吸い上げた多種多様なデータを加工して“コト化”し、apiを通じてアプリケーションに提供する。このapiはオープン化されているため、さまざまなサードパーティによるアプリケーションが生まれることが期待されている。